サッカーの日本代表のゴールキーパについて

昨日のサッカー国際親善試合である日本代表とガーナ代表の試合をテレビで見ました。
生放送で試合全部を見るのは久し振りでしたが日本代表は相変わらずの決定力不足で,0:2という完封負けに終わりました。
ディフェンスは3バックという新システムで戸惑いはあったようですが何とか順応はしており,このまま慣れていけば守備の精度は高まってくる期待は抱きました。
ひとつ疑問なのはキーパーの川島選手を相変わらずレギュラーとして使い続けていることです。
1点目のフリーキックも枠外にはじき出せず,2点目はボールではなく相手にチャージしたという事でPKを献上してしまいました。
グラウンド内でのリーダーシップは高いものがあるのかもしれませんが,本業のセーブ力と判断力が以前にも増して劣っています。
日本のウイークポイントはゴールキーパーにあると常に思っていましたが,W杯本番直前での欧州遠征では是非東口選手かケガ明けとはいえ能力の高い中村選手の起用をしてほしいものです。フィンジア 購入

とりあえず面倒な日だけはしっかりとそれを熟して

後は自分がしっかりとやってきたことをめげずにしっかりと続けようと思います。影響されるだけの人間ってそれだけで挫折すると終わりですからね。憧れが引退したり、止めたりするとやらなくなるとかってもう無駄ですかからね。それはそれで損なことです。端からやるなよって感じです自分一人やってるときは満足かもしれないですが、それだけ苦情も出てたし迷惑でしたからうるさくて堪らなったですよ。それに今日はテレビで空手道の番組がやっていたので観ましたがやはり思い出してみるとアのメンヘラ君がやってるのは真似事だと思いました。何がしたいのかもうわからないなと思います。ボクシングがやりたいのか空手がやりたいのかもう見えてこない形でしたし、テレビに出てる人はしっかりと形に基づいてやってますからね。彼のはボクシングと空手が一緒になってましたからそれだけみればもう習ってやってることでないことが分かりましたしズブの我流ですからもういらんであろうタダの基地外ですよね。