ビジネスホテルはフロントやエレベーターのキャパも重要

ビジネスホテルを予約する時に意外に見落としがちなポイントは、エレベーターやフロント、朝食サービスのキャパシティです。
部屋の清潔さやアメニティ、ベッドのサイズといったサービスは、ほとんどのビジネスホテルで似たり寄ったりです。
もしくは値段相応なので、そこまで気を使って調べなくても大体分かります。
しかし、10階建てぐらいの高層のビジネスホテルなのにエレベーターが少ない場合は、チェックアウト時間にエレベーター前に大行列が起こる可能性があります。
そうすると結局、チェックアウトするだけのために余計な時間をかけなければいけなくなるのでストレスが溜まります。
フロントのキャパシティに関しても同じです。
チェックアウトやチェックインの時間は、大体みんな同じような時間です。
ビジネスホテルだと特に集中するので、フロントが一人しかいないところにチェックアウト客が3人も4人も並ぶと大変です。
さらに途中の人が複雑な領収書の手配を頼んだり、宅配便を頼んだりした日にはチェックアウトするというだけで時間を要することになります。
その点で、自動チェックアウトマシンを常備しているビジネスホテルチェーンや、階層が4階ぐらいまでの、いざとなれば階段でロビーまで下れるタイプのビジネスホテルはそういった点でメリットがあります。
また、朝食サービスに関しても、いくら無料でもみんなが朝食をとるような時間は同じです。
席数が少ないと、結局席が空くまで待たなければならなくなります。
または朝食提供時間が短すぎると、朝食を取りたい宿泊客が集中するので、やっぱり混み合うことになります。
そのあたりの部分は見落としがちなので宿泊の口コミサイトを少し丁寧にチェックすることをお勧めします。アリシア スムース