水回りはすぐに汚れが目立ってしまうから…

洗面台やお風呂、キッチンやトイレといった水周りというのは、しっかりと掃除をしていてもすぐに汚れてしまうところですよね。
なかなか一人暮らしをしていると、毎日そういう場所の掃除というのはできません。
一人暮らしではなくても、毎日水周りをぴかぴかに掃除している人というのは、そう多くはないのではないでしょうか。
結局のところ、すぐに汚れてしまうし、そうすると、こまめにお掃除をするモチベーションというのも失われてしまいます。
でも、やっぱりぴかぴかの状態とそうでない状態というのは、歴然とした差があるんですよね。
来客の前には掃除しておきたいと思ったりするのですが、そこまで時間の余裕がなかったりすることもあります。
というのも、この前、友だちの家に遊びに行ったときに、ちょっと洗面台の汚れが気になったんですよね。
ときどき遊びに来ているのだが、普段はわりときれいにしている子なので、ちょっと忙しかったのかなと思ってしまいました。
お節介かもしれないけど、思わずちょっと掃除をしてあげたくなってしまいました。

幼さに心配だったり、誇らしかったり、小学6年生の子供

来年度は中学生だというのに、わが子はとても幼いです。
かわいらしいところもたくさんあるのですが、このまま大人になって、将来は自分を養うことができるのか、と心配になったりします。
でも、きっと私自身もそうだったのでしょうね。
あまり”ちゃんとした”子供だった自信がありませんし・・・。
ただ、子供の良いところもたくさんあるのです。
純粋で、優しくて、好奇心が豊かなところです。
落ち着きがないといえばそうなのですが、その分は伸びしろがあるのだ!と、見えなくもないですし。
私立中学を受験されるお子さん達とは、全く違う時間の使い方をしている我が子が、この自由な時間を大人になった時にどう感じるのか、楽しみです。
体験しないと比較しようがないので、どうもこうも感じないかもしれませんが・・・「自由を選ぶっていいな〜。」という記憶くらいにはなっていてほしいです。
そうは言いつつ、冬休み、すぐに年も明けて小学校を卒業して、生活が変化し忙しくなるのでしょうね。
私はちゃんと、軽々と手放しで見守っていられるように、自分自身を育てないといけませんね。