講談社野間記念館「竹内栖鳳と京都画壇展」は上松松園の作品が良い

今、講談社野間記念館で「竹内栖鳳と京都画壇展」が開催されています。竹内栖鳳という作家を私は知らなかったのですが、京都の近代画家らしく伝統美に立脚しながらも、ヨーロッパの写実的な手法を見事に取り入れた珠玉の逸品が並んでおり、思わず見入ってしまうほど魅力的な作品ばかりが展示されていました。個人的に気に入ったのは上村松園の作品で、「日本画の幻想的な手法で写実的な絵画を描くと、ここまで現代人に通じる普遍的な魅力が出てくるのか!」と本当に驚かされました。日本画=古くさいという考え方をどこかでもっていた自分の価値観が一気に崩れるような気持ちさえしました。今回の企画展は竹内栖鳳が中心ですが、この上松松園の作品を見られただけで入館料のもとは取ったという気分になりました。こういう全く知らない作家の作品を味わうことができるのは美術館の企画展ならではの魅力です。ぜひ、皆さんも講談社野間記念館に足を運んでみてはいかがでしょうか?脱毛ラボ 単発脱毛プラン