父が失くしたDSソフトが見つかる事は想定外でした

父の仕事の空き時間の暇つぶしにとだいぶ前に貸した3Dではない方のニンテンドーDSの将棋のソフトを失くしたらしくたまたま店で同じタイトルの将棋ソフトを買って父に渡したのですがつい最近になって父から見つかったという連絡をもらいました。DSのカード自体が小さい上に父が乱視+老眼なので私は「これはもう見つからないだろう」と思っていたので同じソフトを買ってしまったのですが連絡をもらった時「もうちょっと頑張って違う将棋のソフトを探せば良かったな」と思ってしまいました。

被ってしまったソフトの内の1枚は私の手元に戻る事になりましたが父は2つのDSカードを見比べても同じ物か区別がつかなかったらしく何度か「この2つは同じ物なのか?」と聞いてきました。確かに渡した将棋のゲーム自体はシリーズ物ではあるけれどナンバリングが違えばDSカードに貼られているシールのデザインが全く同じな訳がないので父が納得するまで説明しましたがあまり将棋のゲームをする事以外に頓着がないのか小さくて見づらいせいだったのか首をひねりながらも納得はしてもらえました。

今度は失くさないといいなと思いました。エピレ 予約

昔から子供をその気にさせるすごい力のあるマンガ

自分が子供の頃から通信教材・塾のダイレクトメールがよく届いていました。今では自分の子供へ向けて届きます。
その中で変わらないのが同封されているマンガです。

勉強が苦手な主人公が学校のテストで高得点を取るクラスメイト利用しているその通信教材・塾を教えてもらい勉強も部活・習い事と両立できる事を知って親にやりたいと直訴してきちんとやる事を約束して始めてテストで高得点を取れるようになる…

大体同じような物語なのに毎回読む度になぜか主人公の気持ちになって始めたくなるんですよね。
私も親に言った記憶がありますし、子供も私に言っていました。
あの物語を考えた人はすごいな、と思います。なぜなら何十年経っても子供の心をわしづかみするのですから。
始めてから継続するかは別として勉強をやってみたいという気持ちを引き出すのは中々難しく親が一番苦労する事ではないでしょうか。
たぶんうちの子は続かないから、とダメと言わずにきっかけをくれた内容をいくつか見定めて始めてもいいかな、と思います。アイフル キャッシング atm