声優の違和感と外国映画やドラマの吹き替えの話

サザエさんとかドラえもん、古くから知っているアニメや漫画であるが、現在はあまり見ていない。そのためイメージするのはその時耳にした声優が発する言葉が耳に残っていて、初めて聞いたときの違和感を感じるのである。
この辺の違和感というのは、どのぐらいたったら忘れるんだろうか?とふと疑問に思った。
そういえば、個人的には洋画などの吹き替えは大の苦手であり、出来うる限り字幕に頼ることが多いのだが弟などは原語の方が苦手らしい。
たとえば、もう日本語の声優が印象にこびりついている刑事コロンボ役のピータフォンダであったり、懐かしいアメリカファミリー向けの奥様は魔女のサマンサ役のエリザベスモンゴメリー等は、最初元の俳優のそのままの英語にちょっと違和感を感じたが結構すぐになれたのだ。一方弟は、英語を長い事聞き始めても早く吹き替えに戻してくれと言っているところを見ると個人差がすごくあるのだろう。
ちなみに、漫画が初めて放映されるときの声優の違和感はまた別物みたいで、よくネットにこの声優はないようなというのも良くある。お金 借りる 5万