叔父の訃報で洋蘭教室で偶然会った事を思い出しました

叔母の夫、つまり義理の叔父の訃報で会葬が済むまでの数日間は懐かしい思い出が交錯していました。叔父とは血縁関係が無いけれど不思議に気が合い叔母より良く話したような気がします。最近では洋蘭の育成教室に出かけそこでばったり会ってお互いに驚いたことがあります。ちょっと知りたい、かじってみたいといった好奇心は最後まで旺盛で独学で覚えたパソコンやカメラ撮影で、よく動画を投稿していてたまに採用されたと言って喜んでいました。動画では地域の行事だったりしたので花に興味があるとは思わなかっただけにカメラの被写体として生育を取り続けてみたいことから自ら花を育ててみると言っていました。会葬の後自宅を訪れると玄関にシンビジュウムの鉢植えが飾られていて、叔父が育てた花とすぐわかりました。洋蘭育成のグループで各自が育てた各種の洋蘭の展示会に出品したと聞いていて、このシンビジュウムが叔父と一年を過ごしてきて花を咲かせたことと叔父の訃報が重なりましたキレイモ カウンセリング 予約